ホーム就活マニュアル

シンガポールでの転職・採用のコツをお伝えします

海外での転職活動、不安ですよね。慣れない海外でのどのようにして転職活動を行えばいいか、各方法のメリッ ト・デメリットをご紹介します。

【求人情報探し方】 効率の良さと情報の多さから、人材紹介会社の活用がおすすめ

求人の探し方現地日本語情報誌、インターネット、口コミ、色々な方法がありますが、効率の良さと情報の多さから、人材紹介会社を利用するのが一番お勧めです。

事実、シンガポールで現地採用として働く日本人の多くは、日系の人材紹介会社から求人を紹介されて仕事を見つけています。
日本ではまだ余り身近ではない人材紹介会社ですが、
多くの日本人が人材紹介会社を通して仕事を見つけているのには理由があります。

多くの企業において、日本人の採用はイレギュラーな採用活動です。

日本のように毎年定期採用をしているわけではなく、日本人採用をおこなう専任の人事担当者もいません。
その為、多くの企業が人材紹介会社に求人を依頼、応募者の募集・書類選考・一次面接に相当する部分を委託しているのです。

こうして人材紹介会社にはたくさんの求人情報が集まってきています。日本語情報誌やインターネットには出ない求人もたくさん持っています。
この情報量の多さ、これは人材紹介会社を利用する最大のメリットです

また海外で就職するには、日本と違い現地の情報、特に雇用習慣や生活情報を知らずに就職活動をするのは大きな苦労を伴います。
人材紹介会社を利用することで、シンガポールで就職・生活することに関する様々な情報が得られたり、相談することができるのも大きなメリットです。

  1. 人材紹介会社で就職先を探す流れについては、「紹介の流れ」をご覧ください

日本にお住まいの方のシンガポールでの就活方法

現在日本にお住まいでシンガポール就職を目指される場合、いくつかの方法がありますが、
以下の3つの場合について、「メリット」「デメリット」をご説明いたします。

  • シンガポールに長期滞在しての就職活動
  • 日本に滞在したまま就職活動
  • 面接が入ったときのみシンガポール渡航
シンガポールに長期滞在しての就職活動
日本で現在お仕事をされておらず、シンガポール就職を目指す意思が既に固まっている方にとって最もお勧めでシンガポール就職の実現の可能性が最も高い方法です。

【 メリット 】

i) 企業からの面接の依頼等に直ぐに対応でき、チャンスを逃さずに済む

シンガポールでの求人募集のスピードは日本と比べると速く、また企業様は既にシンガポールに滞在されている求職者の方から面接を進めていく傾向なため、シンガポール以外に滞在されている候補者の選考は後回しにされてしまう時が多いです。

ii) 情報収集が容易

実際にシンガポールにて働いている人々と出会う機会が多くなるため、生きた情報を素早く収集できます。

iii) 即日勤務開始可能

シンガポールでは急募案件が多く、即日勤務可能な方にとってはそれが強みの一つになります。

【 デメリット 】

i) シンガポールでの就職活動中の費用が必要

シンガポールでは日本と比べると公共交通機関を利用しての交通費は大分安く、また食費も安く抑えることができますが、宿泊費があまり安くありません。

以下、シンガポールの宿泊費の例です。
– ホテル滞在:一泊S$80以上
– ゲストハウス滞在:一泊S$20~S$40程度
– アパートを間借:一泊S$30~S$50程度

ii) 滞在期間に制限がある

観光の為の入国ビザでのシンガポール滞在期限は1か月間のみ(オンライン申請で1か月間のみ延長可能)で、
それを越えて滞在する場合は一度国外へ出る必要があります。

日本に滞在したまま就職活動
日本にて現在就労中の方やシンガポールだけでなく日本を含めた他国での就職を視野に入れている方に適した方法ですが、応募できる求人案件に制限があるため時間をかけて粘り強く活動を続ける必要があります。

【 メリット 】

i) 費用が掛からない

シンガポールへの渡航費・滞在費がかかりません

【 デメリット 】

i) 応募できる求人案件に制限がある

スカイプや電話での面接が可能な案件のみにしか応募ができません。

ii) 選考が後回しになることがある

企業様は既にシンガポールに滞在されている求職者の方から面接を進めていく傾向があるため、シンガポール以外に滞在されている候補者の選考は後回しにされてしまうことがあります。

面接が入ったときのみシンガポール渡航
就職活動のためのシンガポールでの長期滞在はできませんが、短期の滞在なら可能という方にお勧めの方法です。

【 メリット 】

i) 費用が必要最低限で済む

長期滞在と比べると滞在日数が少ないため費用が少なくて済みます。

ii) 応募できる案件に制限が無い

幅広く案件に応募することができ、また来星が前提で有れば一次面接はスカイプや電話で対応下さる企業様もいらっしゃいます。

【 デメリット 】

i) 選考が後回しになることがある

企業様は既にシンガポールに滞在されている求職者の方から面接を進めていく傾向があるため、シンガポール以外に滞在されている候補者の選考は後回しにされてしまうことがあります。

ii) 企業からの面接の依頼等に直ぐに対応できないので、チャンスを逃す可能性がある

航空券の手配等に時間がかかる為、来星までに日数を要し、その間に他の候補者に決定してしまう可能性があります。

ページの先頭へ